|Amazon|Kindle 電子書籍を出版しました!! CLICK

“穴馬予想”2021年4月11日の注目馬(桜花賞・春雷ステークス・やまびこステークス)

2021年4月11日の注目馬

目次

阪神

6R 3歳1勝クラス ダート1400m 馬齢

⑤トーセンインディゴ

着眼点

前走、重馬場の東京ダート1600m戦で先行押切勝ち。

阪神コースの適性は不明も、距離短縮歓迎。

⑬レディステディゴー

着眼点

前々走では、今回と同条件で着外も、前走の内容が秀逸。

前走、重馬場の小倉ダート1700m戦を逃げ、コンマ4秒差の5着で見せ場十分。

距離短縮歓迎。

11R 桜花賞 3歳オープン 芝1600m 牝 定量

⑪ジネストラ

着眼点

桜花賞の前日に同条件で行われた、“阪神牝馬S”の勝ち時計が、1分32秒0。

1着の“デゼル”が差し、2着の“マジックキャッスル”が追込みで、後方から末脚を活かした2頭が連対。

一見、差し・追込み馬が有利に思えるが、連対した2頭の上り3ハロンは、いずれも32秒台。

ゴール寸前で形勢が逆転したものの、あきらかに前が有利な馬場。

“ジネストラ”は、前走の中山芝1600m戦“アネモネS”の内容が秀逸。

ハイペースの重馬場を先行し、コンマ1秒差の2着でスタミナ十分。

“アネモネS”で計時した走破時計、1分34秒9は、同日同条件の4歳上OP“東風S”の3着に相当。

時計を大幅に詰めることが条件になるが、前が有利の馬場を味方に先行押切があっても驚けない。

⑯ソングライン

着眼点

前々走の東京芝1600m戦では、1分34秒1の走破時計で圧勝。

同日同条件の“赤松賞”で勝利した、“アカイトリノムスメ”の走破時計は、1分34秒5。

“アカイトリノムスメ”を上回る走破時計であったことは、紛れもない事実。

前走の中京芝1400m戦“紅梅S”では、ハイペースを先行し、コンマ5秒差の圧勝。

先行、差しのどちらを選択したとしても期待できる一頭。

中山

11R 春雷ステークス 4歳上オープン 芝1200m ハンデ

⑤メイショウキョウジ

着眼点

前々走の小倉芝1200m戦“北九州短距離S”では、3着に入線し、久々に好走。

芝1200m戦“3535”の成績が示すように、力上位の存在。

再度、ブリンカーを着用し、反撃。

⑥レジェーロ

着眼点

前々走は、今回と同条件の“カーバンクルS”で勝利。

6走前の京都芝1200m戦、3歳OP“葵S”では、1分8秒1の好時計で連対しており、今の馬場レベルも合う。

12R 4歳上1勝クラス ダート1200m 牝 定量

⑤シャンボールロッソ

着眼点

4走前の福島ダート1700m戦では、先行し、コンマ4秒差4着の惜敗。

先行するレースができれば、一発があっても。

距離短縮歓迎。

新潟

11R やまびこステークス 4歳上3勝クラス ダート1200m ハンデ

⑥デンコウリジエール

着眼点

前走の阪神ダート1200m戦では、1分11秒3の走破時計で勝利。

時計が優秀で、昇級即通用のレベル。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる