|Amazon|Kindle 電子書籍を出版しました!! CLICK

【攻略法】“芝1200m戦”を制するために知っておくべき“コース別の特徴”とは!?🌟

プラス収支への第一歩

短距離戦では、騎手の能力が介在する要素が少なく、馬の資質がレースの行方を左右しますので、コース別の特徴を理解したうえでの穴馬探しが重要です。

展開面の不確定要素が少ない分、中長距離と比べると予想はしやすいといえます。

馬の資質に合致したコースであれば、好走する確率が高く、予想もしやすいので、おすすめです。

出遅れた場合、逆転が難しいという面もありますが、番組が多い“芝1200m戦”を制することが、プラス収支への第一歩となりますので、ぜひ最後まで読んでください。m(__)m

目次

コース別の特徴

札幌芝1200m

コース形態

右回り

直線

Aコース:266.1m Bコース:267.6m Cコース:269.1m

起伏

平坦

ポイント

  • “洋芝”のわりに意外と早い時計が計時
  • “逃げ・先行馬”が有利
  • ゴール前の直線が短いにもかかわらず、実は“大箱コース”
  • コーナを周りながら加速できる馬が理想

函館芝1200m

コース形態

右回り

直線

Aコース・Bコース:262.1m Cコース:264.5m

起伏

前半:主に上り 後半:主に下り

ポイント

  • “洋芝”のため、重い芝巧者が活躍(早い時計の場合もあるので、馬場レベルを観察)
  • ゴール板が4コーナー寄りにあるため、“逃げ・先行馬”が有利
  • 下り坂で加速することができ、かつ、一瞬の切れる脚が使えればベスト

福島芝1200m

コース形態

右回り

直線

Aコース:292m Bコース:297.5m Cコース:299.7m

起伏

前半:主に上り 後半:主に上り

ポイント

  • 走破時計にバラつきがあるため、馬場レベルに応じて有利な脚質が変化
  • 勾配は緩やかなので、レースへの影響は軽微
  • スピードを維持したまま、スパイラルカーブを曲がることができる、“逃げ・先行馬”が有利
  • “差し馬”が末脚を活かす場合は、早いギアチェンジが必須条件

新潟芝1200m

コース形態

左回り

直線

358.7m

起伏

平坦

ポイント

  • 基本的には、“逃げ・先行馬”が有利
  • 急坂コースで凡走した馬の巻き返しに注意

中山芝1200m

コース形態

右回り

直線

310m

起伏

前半:主に下り 後半:主に上り

ポイント

  • スタートしてから、約400mの下り坂を味方にできる、“逃げ・先行馬”が有利
  • ゴール前の急坂を苦にしないタフさが必須条件
  • 先行争いの激化により、“差し馬”が台頭する場合もあり、メンバーの脚質構成には要注意

中京芝1200m

コース形態

左回り

直線

412.5m

起伏

前半:主に下り 後半:主に上り

ポイント

  • ゴール前の直線が、400m以上あるため、“差し馬”が有利
  • “逃げ・先行馬”が勝ち切るには、スピードの持続力と急坂適性が必須条件
  • タフさが問われるコースだけに、スタミナが重要

京都芝1200m(改装中)

コース形態

右回り

直線

Aコース:328.4m B・C・Dコース:323.4m

起伏

前半:主に上り 後半:平坦

ポイント

  • スタート直後が上り坂のため、ペースが上りにくく、距離短縮馬の追走が楽(距離短縮馬の好走に警戒)
  • ゴール前の直線は長くないが、意外に瞬発力も重要
  • 早い時計が計時される傾向(持ち時計が重要)

阪神芝1200m

コース形態

右回り

直線

Aコース:356.5m Bコース:359.1m

起伏

前半:主に下り 後半:主に上り

ポイント

  • 基本的には、“逃げ・先行馬”が有利だが、急坂適性が必須条件
  • タフさと瞬発力を兼備しているタイプが有利

小倉芝1200m

コース形態

右回り

直線

293m

起伏

前半:主に下り 後半:平坦

ポイント

  • 基本的には、“逃げ・先行馬”が有利も、先行争いが激化すれば、差し馬が台頭
  • 馬場レベルによって脚質の有利不利が変動するため、馬場のチェックは必須
  • 夏場は高速馬場の傾向(持ち時計が重要)

盲点となる“起伏”

コース別の特徴のうち、多くの競馬ファンに意識されていないのが、“起伏”です。

競馬予想家“半笑い氏”の書籍の中に、“上り坂や下り坂の適性が、レース結果に影響をおよぼす”という主旨の記述があります。

下り坂が苦手な馬がいるようなことは考えたことがなかったので、衝撃を受けるとともに、“起伏”を意識するきっかけになりました。

“多くの競馬ファンが意識していないこと”=“有益な情報”と考え、“起伏”に注目したところ、“中山コース”を得意とする、“モズスーパーフレア”の存在に気づきました。

同馬は、スタート直後から続く下り坂で勢い良く加速し、中山コース特有の“急坂”を苦にすることなく逃げ切るのが必勝パターンです。

必勝パターンとなる要素を分析すると、“前半が下り坂”、“後半が上り坂”の2点が浮かび上がってきますが、真逆の適性となる、“前半が上り坂”、“後半が平坦”の場合、どのような影響があるのかが気になったので、検証することにしました。

“起伏”による影響

あくまでも独自見解になりますが、“モズスーパーフレア”は、“前半が下り坂”でこそ、真価を発揮するタイプだと思います。

適性と真逆の特徴がある、“京都コース”を苦手としていたのは、そのためです。

“前半が上り坂”の“京都コース”では、スタートダッシュが上手くいかず、理想とする加速が得られないまま、瞬発力が求められるゴール前の直線を迎えます。

得意とする場面がほとんどない状況では、苦戦を強いられるのも当然といえます。

“京都コース”の成績が良くないことは、多くの競馬ファンも把握していたと思いますが、結果的には人気馬に支持されていました。

このことは、“起伏”の概念が希薄であることの証左といっても過言ではありません。

危険な人気馬が支持されている状況に気づくことができれば、プラス収支に大きく近づきます。

なぜなら、人気馬の凡走が、“荒れるレース”のメカニズムだからです。

“モズスーパーフレア”の“コース別成績”と“ハイライト”

コース別成績

  • 札幌・・・0000
  • 函館・・・1001(前半:主に上り 後半:主に下り)
  • 福島・・・0000
  • 新潟・・・0000
  • 東京・・・0000
  • 中山・・・3201(前半:主に下り 後半:主に上り)
  • 中京・・・1005(前半:主に下り 後半:主に上り)
  • 京都・・・0014(前半:主に上り 後半:平坦)
  • 阪神・・・0000
  • 小倉・・・2102(前半:主に下り 後半:平坦)

※2021年7月1日時点

ポイント
  • レースの“前半が下り坂”である、“中山コース”と“小倉コース”に良績が集中
  • “中京コース”については、“前半が下り坂”ではあるものの、“差し馬”が台頭する舞台であるため、例外
  • “急坂コース”はOK
  • レースの“前半が上り坂”である、“京都コース”は苦手

ハイライト

中山11R スプリンターズS 3歳上OP 芝1200m 定量 2019年9月29日 ☁ -良-

1着 4枠8番 タワーオブロンドン 2番人気

⑪⑧-① 差し 1分7秒1(上り:33秒5)


2着 4枠7番 モズスーパーフレア 3番人気

①①-➁ 逃げ 1分7秒2(上り:34秒4)


3着 1枠2番 ダノンスマッシュ 1番人気

⑦⑧-③ 差し 1分7秒2(上り:33秒7)

得意の“中山コース”で連対!!

京都12R 京阪杯 3歳上OP 芝1200m 別定 2019年11月24日 ☁ -良-

1着 3枠6番 ライトオンキュー 2番人気

⑨⑧-① 差し 1分8秒8(上り:33秒7)

8着 7枠14番 モズスーパーフレア 1番人気

①①-⑧ 逃げ 1分9秒6(上り:35秒4)

差し馬の強襲…💦

京都11R シルクロードS 4歳上OP 芝1200m ハンデ 2020年2月2日 ☀ -良-

1着 4枠8番 アウィルアウェイ 3番人気

⑬⑫-① 差し 1分9秒0(上り:33秒7)

4着 2枠3番 モズスーパーフレア 2番人気

①①-④ 逃げ 1分9秒2(上り:35秒3)

逃げ切れず…💦

中京11R 高松宮記念 4歳上OP 芝1200m 定量 2020年3月29日 ☀ -重-

1着 8枠16番 モズスーパーフレア 9番人気

①①-➁ 逃げ 1分8秒7(上り:34秒5)


2着 4枠8番 グランアレグリア 2番人気

⑬⑫-③ 差し 1分8秒7(上り:33秒1)


3着 2枠3番 ダイアトニック 4番人気

④④-④ 先行 1分8秒7(上り:33秒7)

“前半が下り坂”でミドルペース♬

意外に活躍する“小回りコース”の“差し馬”

“芝1200m戦”は短距離戦なので、基本的には、“逃げ・先行馬”が有利な場合がほどんどですが、だからこそ、“差し馬”が台頭するともいえます。

特に“小回りコース”では、先手必勝の騎手心理によって先行争いが激化し、前に行った馬がスタミナ切れを起こすからです。

いわゆる、“前崩れ”の発生です。

よって、“逃げ・先行馬”が多数いるメンバー構成の場合は、注意が必要です。

“展開を読む”ということも一考の価値がありますので、意識することをおすすめします。

あわせて読みたい
【攻略法】逃げ・先行争いの激化で発生する“前崩れ” 思わぬ穴馬の発見 力不足の逃げ・先行馬がハナを切り、3コーナーあたりで失速する・・・(^^; よくありがちなレースの一場面です。 有力な逃げ・先行馬であっても、先行...
まとめ
  • 短距離戦では、騎手の能力が介在する要素が少ないため、馬の資質がレースの行方を左右する。
  • “起伏”に注目することが、大きなアドバンテージになる。
  • “展開予想”も一考の価値あり。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる