|Amazon|Kindle 電子書籍を出版しました!! CLICK

【攻略法】競馬予想に役立つコース別の傾向と対策🌟

高配当の“穴馬券”を的中させて、周りをアッと驚かせたいと思いませんか!?

“穴馬券”が的中すれば、あなたは一目を置かれる存在になれます。(*^^)v

その第一歩として、コース別の傾向と対策を練っておきましょう。

一般的な内容だけではなく、独自の見解も含めていますので、ぜひ最後まで読んでください。(^^)/

今回の記事を読むことで、プラス収支に近づくことでしょう。

目次

芝・ダートの“性質”と“ポイント”

軽い芝

東京・京都(改装中)・新潟・福島・小倉

早い走破時計が計時される傾向にあり、持ち時計のある馬が有利になることが多い。

東京・京都・新潟は特に早い!!

ポイント
  • 東京・京都・新潟は、ゴール前の直線が長く、“上り3ハロン”の末脚勝負になりがち
  • 福島・小倉は、基本的に軽い芝。(馬場レベルのバラつきがあるため、走破時計を観察)
  • 夏場の小倉は、超高速馬場となるため、持ち時計が求められる。

重い芝

中山・阪神・中京・函館・札幌

時計がかかる決着を得意とする、“パワータイプ”が台頭することが多い。

時計が早い場合もあるので、常に要観察…

ポイント
  • 中山・阪神の秋口については、高速馬場になる傾向があり、持ち時計が求められる。
  • 阪神・中京については、最後の直線が長いため、上がり3ハロンの末脚勝負になりがち
  • 札幌については、基本的には、“重い芝”ではあるものの、近年では走破時計が早い傾向

ダート

軽いダート

東京・京都(改装中)

早い走破時計が計時される傾向にあり、持ち時計のある馬が有利になることが多い。

東京コースのダートは、“芝”に近いイメージ!!

ポイント
  • 東京コースについては、差し馬の台頭が顕著

重いダート

新潟・福島・小倉・中山・阪神・中京・函館・札幌

時計がかかる決着を得意とする、“パワータイプ”が台頭することが多い。

バテないタフさが、必須!!

ポイント
  • 新潟・小倉・中山・阪神・函館は、特にタフさが求められる

“急坂”の注意点

急坂ありのコース

芝・ダート

中山・阪神・中京

中山・阪神・中京については、急坂の適性が求められる。

中山・阪神・中京が苦手…もしかして…💦

ポイント
  • 急坂で失速するような馬が人気になっているようであれば、要注意

“上り時計”と“走破時計”の考え方

“上り時計”重視のコース

東京・京都(改装中)・新潟・阪神・中京

新潟の1000m(直線)、阪神の1400m(内回り)は除く。

直線の長いコースは、上がり3ハロンの末脚勝負になりがち。(1200mであっても、同様)

中京の1200mは末脚も重要…

ダート

東京

ダートは基本的に前が有利な傾向でも東京コースは例外で、瞬発力勝負が頻発。

東京コースは例外!!

“走破時計”重視のコース

芝・ダート

福島・小倉・中山・函館・札幌

最後の直線が短いため、瞬発力がなくても走破時計が足りていれば、OK。

末脚に自信がないけど、何とかなりそう♬

🌟最後に🌟

前述の内容は、良馬場が前提です。

また、出走馬の脚質によって、レース展開は大きく異なってきます。

馬場レベルやレース展開によって、多様な決着になることが、競馬の醍醐味でもあります。

多様な決着の勝ち馬を予想するには、まずは一般的な知識が必要です。

今回の記事を参考にして、プラス収支を目指してください。(^^)/

あわせて読みたい
【攻略法】“芝1200m戦”を制するために知っておくべき“コース別の特徴”とは!?🌟 プラス収支への第一歩 短距離戦では、騎手の能力が介在する要素が少なく、馬の資質がレースの行方を左右しますので、コース別の特徴を理解したうえでの穴馬探しが重要で...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる