|Amazon|Kindle 電子書籍を出版しました!! CLICK

【攻略法】知らないと損!!“距離短縮馬”が一変するワケとは!?🌟

プラス収支を達成する“メソッド”

即効性があり、最も簡単でおすすめしたいのが、“距離短縮馬”に注目する“メソッド”です。

“距離短縮馬”に注目するだけでも、馬券収支が大きくプラスに近づくはずですので、ぜひ最後まで読んでください。(^^)v

目次

“距離短縮馬”に注目する理由

スタミナに余裕が生まれ、好走する可能性が高くなるため

出走する距離が、前走や近走よりも短くなれば、馬の負担が減り、好走する可能性が高くなるのですが、好走すれば、クラスが上り、より強い相手との競争になります。

競争相手が強くなるので、超一流馬を除いては、どこかで頭打ちになります。

頭打ちになった馬の多くは距離短縮に活路を見出し、再び好走することも珍しくありません。

追込み馬が、極端に距離を短縮する場合を除き、距離短縮は有利に働きます。

“勝てなかった馬”が、“勝てるようになる”

そのくらい、距離短縮は効果的なのです。

“距離短縮馬”が好走するメカニズム

“スタミナに余裕が生まれる”=“レースの選択肢が広がる”

スタミナに余裕があれば、逃げ・先行、差しのどちらを選択したとしても、好走に期待が持てます。

レースの展開に応じて戦法を変えることができるので、“大きなアドバンテージ”になります。

スタミナは、競い合う際の“強さ”の源ですので、非常に重要です。

スタミナがなければ…

  • スタミナがない剛速球投手  ➡ 試合の序盤は三振を取れても、終盤でスタミナ切れ ➡ 球威が落ち、痛打される
  • スタミナがない剛腕ボクサー ➡ 試合の序盤は有効打でダメージを与えるも、終盤でスタミナ切れ ➡ KO負け

このような感じで負けてしまいます。

“スタミナ”がこれほど重要とは…💦

スタミナがあれば、逃げ・先行馬は粘りが増し、差し馬は末脚が鋭くなります

“距離短縮馬”に注目する“メソッド”の中でも、特に、逃げ・先行馬の距離短縮が“激アツ”です。

逃げ・先行馬の距離短縮が“激アツ”

馬券を買っていた、逃げ・先行馬がゴール寸前で差され、悔しい思いをしたことはないでしょうか。

競馬を長く続けていれば、一度はあると思います。(笑)

この時に、“もう少し粘れたらなぁ…💦”と思ったはずです。

この粘りこそ、“スタミナ”です。

馬がスタミナを得るには、トレーニングが欠かせませんが、距離短縮によって、トレーニングなしでスタミナを得ることができます。

前走や近走で惜敗した、逃げ・先行馬が距離短縮で出走すれば、スタミナに余裕が持てるため、逃げ粘れる可能性が高くなります

差し馬の場合、末脚を発揮するか否かは、その時の状況次第というところがありますので、断然、逃げ・先行馬の方が期待値は高くなります。

逃げ・先行馬が有利な“ダート”

後方から鋭い末脚で追い上げているにもかかわらず、先頭集団の馬に追いつけそうで追いつけない…

ダート戦でよくある光景です。

芝と比べると、ダート戦は、基本的に逃げ・先行馬が有利です。

このようなことから、距離短縮馬を狙う優先順位は、以下のようになります。

①ダートの逃げ・先行馬

➁芝の逃げ・先行馬

③芝の差し馬

ダート戦は基本的に差しが決まりにくい傾向(東京のダート戦は例外的に差しが決まりやすい)

東京のダート戦だけは、例外!!

“距離短縮馬”の懸念点

“距離短縮馬”のアドバンテージに懐疑的な競馬ファンもいます。

距離短縮の場合、必要とされるスタミナが少なくなるので、ペースが早くなる傾向にあります。

ペースが早くなることにより、追走に苦労するのではないかという懸念です。

しかし、現実では杞憂に終わることがほどんどです。

なぜなら、スタミナに余裕が持てるので、ペースが早くなっても、有利な位置取りでレースを進めることができるからです。

特に、逃げ・先行馬であれば、レース序盤でペースの早さに戸惑うことはあっても、追走に苦労することは、ほどんどありません

レース中盤では、有利な位置取りでレースを進めているはずです。

追走に苦労しません!!

え!?…そうなの!?

実例①“レッドフレイ”(ダート1600m➡1400m)

東京9R 立夏S 4歳上3勝クラス ダート1600m 定量 2020年5月9日 ☀ -良- 

1着 8枠9番 レッドフレイ 1番人気

➁➁-① 先行 1分36秒9(上り:35秒6)


2着 3枠3番 サンチェサピーク 2番人気

④③-➁ 先行 1分37秒1(上り:35秒7)


3着 7枠7番 トラストロン 6番人気

⑥⑥-③ 差し 1分37秒2(上り:35秒6) 

東京ダート1600m戦で先行押切勝ち

中山11R ラジオ日本賞 3歳上OP ダート1800m 別定 2020年9月20日 ☁ -良-

1着 5枠9番 レピアーウィット 6番人気

➁➁➁①-① 先行 1分51秒6(上り:38秒0)

9着 4枠8番 レッドフレイ 4番人気

⑥⑦⑥⑤-⑨ 差し 1分53秒2(上り:39秒1)

中山ダート1800m戦での好走実績はあるものの、大敗。

中山11R 師走S 3歳上OP ダート1800m ハンデ 2020年12月12日 ☁ -良-

1着 3枠5番 タイキフェルヴール 4番人気

⑯⑯⑬⑩-① 差し 1分52秒4(上り:37秒3)

14着 2枠3番 レッドフレイ 10番人気

④③④④-⑭ 先行 1分54秒2(上り:39秒8)

またも、中山ダート1800m戦で大敗。

着眼点

3走前の東京ダート1600m戦で先行押切勝ち。

好走実績のある東京コースのダート戦、しかも、距離短縮で絶好の狙い目

東京10R バレンタインS 4歳上OP ダート1400m 2021年2月14日 ☀ -良-

1着 1枠2番 スリーグランド 4番人気

①①-① 逃げ 1分23秒1(上り:36秒0)

 

2着 5枠9番 タガノビューティー 1番人気

⑫⑫-➁ 追込 1分23秒6(上り:35秒2)

 

3着 4枠8番 レッドフレイ 12番人気

⑧⑥-③ 差し 1分23秒7(上り:35秒9)

払戻金

💴複勝:800円

距離短縮のアドバンテージを活かし、差す競馬で新境地

実例➁“エングレーバー”(芝1800m➡1400m)

阪神10R 難波S 4歳上3勝クラス 芝1800m ハンデ 2020年4月5日 ☀ -良-

1着 6枠12番 セラピア 3番人気

➁➁-① 先行 1分45秒3(上り:33秒7)

 

2着 8枠16番 ボッケリーニ 2番人気

③➁-➁ 先行 1分45秒5(上り:33秒9)

 

3着 1枠2番 エングレーバー 4番人気

⑥⑦-③ 差し 1分45秒8(上り:33秒7)

上り3位タイの末脚で馬券圏内確保も、ややインパクトに欠ける印象

小倉11R 虹の松原S 4歳上3勝クラス 芝1800m 定量 2021年1月16日 ☀ -良-

1着 8枠13番 アーデントリー 12番人気

⑬⑬⑦⑨-① 差し 1分46秒2(上り:35秒1)

9着 6枠9番 エングレーバー 3番人気

④④④➁-⑨ 先行 1分46秒9(上り:36秒1)

先行するも、粘り切れず大敗

着眼点

前走、前々走の内容から、1800m戦では、スタミナ不足の印象。

400mの距離短縮となる1400m戦になれば、先行、差しのどちらを選択しても好走必至

阪神10R 心斎橋S 4歳上3勝クラス 芝1400m 定量 2021年4月18日 ☁ -稍重-

1着 2枠3番 エングレーバー 4番人気

⑦⑦-① 差し 1分20秒2(上り:34秒6)


2着 6枠11番 シャイニーロック 7番人気

➁①-➁ 先行 1分20秒7(上り:35秒9)


3着 8枠15番 イーサンパンサー 12番人気

⑫⑫-③ 追込 1分21秒1(上り:34秒8)

払戻金

💴単勝:900円、複勝:340円

距離短縮で一変し、コンマ5秒差の圧勝

🌟まとめ🌟

ポイント

距離短縮によって、

  • 勝てなかった馬が、勝てるようになる
  • 逃げ・先行馬は粘りが増し、差し馬は末脚が鋭くなる
  • ペースの早さに戸惑うことはあっても、追走に苦労することは、ほどんどない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる