|Amazon|Kindle 電子書籍を出版しました!! CLICK

電子書籍

2010年に競馬を始めてから、2018年までの年間収支は常にマイナスでしたが、“競馬はスタミナのある馬が勝つ”ことに気づき、2019年に年間プラス収支を達成しました。

この体験をもとに、年間プラス収支を達成するための“メソッド”を2冊の電子書籍にまとめました。(^_^)v

競馬で年間プラス収支を達成する方法

【目次】

はじめに

第1章 3つの“気づき”から得た意識改革

1.競馬は人気どおりに決着しないもの

2.着順にこだわる傾向

3.距離適性の概念が希薄

第2章 穴馬予想のポイント

1.穴馬の定義

2.穴馬の見つけ方

(1)距離短縮

(2)距離延長

(3)条件変わり

(4)ブリンカー

(5)高速馬場

(6)調教

第3章 馬場の見極め・コース別の傾向と対策

1.馬場の見極め

(1)脚質の有利不利

(2)走破時計

2.コース別の傾向と対策

(1)芝

(2)ダート

(3)“急坂”ありのコース

(4)“上りタイム”と“走破タイム”の考え方

(5)“走破タイム”重視のコース

第4章 馬券の買い方・まとめ

1.馬券の買い方

(1)おすすめの券種

(2)券種の選び方

(3)“オッズの確認”と“取捨選択”

2.まとめ

あとがき

著者紹介

距離短縮馬が勝つ法則

【目次】

はじめに

第1章 穴狙いの“メリット”と“ポイント”

1.穴狙いにこだわる理由

2.スタミナの重要性

3.距離短縮が有利になる理由

4.コース適性と距離適性

第2章 穴馬の見つけ方

1.着外の好走馬に注目

2.スタミナの残存量をシュミレーション

3.コース別の傾向と対策

(1)芝

(2)ダート

(3)“急坂”ありのコース

(4)“上りタイム”と“走破タイム”の考え方

(5)“走破タイム”重視のコース

第3章 激走パターンの“実例”と“解説”

1.条件好転のサンプルレース

2.狙いの優先順位

3.実例

(1)ダートの逃げ・先行馬

(2)芝の逃げ・先行馬

(3)芝の差し馬

あとがき

著者紹介

内容が理解できれば、回収率向上は間違いありません!!(たぶん💦)

ぜひ読んでください。(^^)/

いずれもKindle Unlimitedの対象になっていますので、会員の方は無料で読むことができます

また、今までにKindle Unlimitedの会員になったことがない方についても、“初回30日間無料体験”を利用することで、その期間は無料で読めます

無料体験の期間が終了すると、月額980円が自動で課金されますので、継続を希望しない方は、無料期間内に解約することをお忘れなく。

初回30日間無料体験を申し込んだ後、すぐに解約したとしても、30日間は無料体験が継続します。

Kindle Unlimited対象の電子書籍の中にも、競馬関連のものが多数あります

例えば、競馬の天才!デジタル競馬最強の法則中央競馬全重賞競走データバンクなどです。(サービスの対象から除外されることもあります)

これらの書籍が、

  • お金を払うほどではないけど、無料だったら読みたい書籍
  • 1冊まるごとではなく、部分的に読みたい書籍
  • 価格が安ければ買いたいけど、高いと感じている書籍

であれば、“Kindle Unlimitedの会員になる価値あり!!”です。

購入すると、それなりの金額がかかりますので。(^^;

スマホにアプリをダウンロードすれば、専用の端末がなくても読むことができますし、オフラインでも読めます。

サービスの対象となっている新書がほどんどないので少し残念ですが、幅広いジャンルの本が読み放題であり、大変お得なサービスです。

ジャンル

文学・評論、人文・思想、社会・政治、ノンフィクション、歴史・地理、ビジネス・経済、投資・金融・会社経営、科学・テクノロジー、医学・薬学、コンピューター・IT、アート・建築・デザイン、趣味・実用、スポーツ・アウトドア、資格・検定・就職、暮らし・健康・子育て、旅行ガイド・マップ、語学・辞事典・年鑑、教育・学参・受験、絵本・児童書、コミック、ライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、タレント写真集、エンターテイメント、楽譜・スコア・音楽書、雑誌、アダルト

書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊以上がサービスの対象になっています。

読み放題とはいえ、時間がない時期に会員になるのは、もったいないと思うので、時間がある時期に会員になることをおすすめします。

解約した後も、980円を支払えば、再び会員になることができます。

入会と退会を繰り返し、時間がある時期だけサービスを利用するのも“アリ”です。(*^_^*)

留意点としては、10冊までのレンタル制となっていますので、11冊目を読む際には、アプリ内にストックされた書籍のうち、どれかを返却する必要があります。

また、アプリ内にストックされた書籍は、退会すれば読めなくなります。

書籍を購入しても、1冊を最後まで読み切れない方にとっては、割高のサービスといえます。

ですので、初回30日間無料体験の間に、サービスの向き不向きを判断してはいかがでしょうか。

Kindle Unlimitedの会員になりたい方、もしくはサービスに興味がある方は、こちらから。☟

まとめ
  • 月額980円でサービスの対象となっている書籍が読み放題
  • 初回30日間無料体験あり
  • 解約手続きをしなければ、所定の期日をもって自動で月額課金
  • スマホで読書可
  • サービスの対象となっている新書がほとんどない
  • 10冊までのレンタル制(アプリ内の書籍を返却することで、新たにレンタル可)
  • 退会後の再入会可
  • 読書好きでない方にとっては、割高のサービス